岐阜の債務整理・過払い金返還・借金減額を徹底サポート!|岐阜の法律家による無料相談! 司法書士法人 みずほ総合法務事務所(岐阜司法書士会所属)

岐阜・大垣債務整理相談センター

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
お問合せはコチラ

以下は当サイトでよくご覧頂いているページです。

事務所案内 ●スタッフ紹介 ●アクセス ●無料相談会 ●解決までの流れ ●料金表 ●お客様の声 ●地元密着宣言 ●債務整理に取り組む理由 ●減額報酬を頂かない理由

過払い金回収との比較

過払金を請求する場合には以下の4パターンがあります。 

(1)サラ金・信販会社のキャッシングを完済している

(2)サラ金・信販会社のキャッシング取引が長く引き直し計算すると
  過払金が発生する

(3)特定調停をゼロ和解した

(4)以前破産申立をしたがサラ金・信販会社のキャッシング取引が長かった 

これらについて、解説をしてまいります。
まず(1)のパターンだと、業者に信用情報に登録される可能性は少ないといえます。
なぜなら、信用情報機関に登録する事故情報とは「返済に関する情報」だからです。

(1)の過払金の請求は借金を完済した上での請求ですから、事故情報にはなりません。
ただし、業者が事故情報として登録してしまうおそれがないとも言えないので、その際は、信用情報機関に自分の情報を開示してもらい、訂正・抹消もらう必要があると思います。

(2)と(3)のパターンですが、これは信用情報に登録されてしまいます。
ですが、法律上の利率に直すと、実際には借金がなかったという事ですから(1)と同様に事故情報にはならないといえます。

中には、約定利息の支払いを滞ったという理由でブラック登録している、と主張する業者もありますので、この際にも信用情報機関に訂正・抹消の申立てをする価値はあると思います。(すべての業者に過払金が発生していた場合)

(4)のパターンは自己破産したときに既にその情報が載っていると思いますので、過払金を請求したからブラック状態になったとはいえないでしょう。


債務整理の個別相談・お問い合わせはこちらから

muryouba.PNGのサムネール画像

so2.PNG

so3.PNG
 

soudan.PNG nagare.PNG ryoukinhyou.PNG
アクセスマップ
事務所サイトはこちらバナー0001.jpg

会社設立サイトはこちらバナー0002.jpg

相続サイトはこちらバナー0004.jpg
jikohasan0001.jpg
 
  • Copyright (c) 2011 Mizuho sogo office All Right Reserved.
  • 当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお貼りください。事前連絡は不要です。